足のむくみ解消法     足のむくみ何とかしたい ふくらはぎがだるい    ふくらはぎ痩せ        足が疲れる         足のむくみマッサージ     足を細くしたい       足が重い


by takakonoguchi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
d0146310_94301.jpg
全身の中で、足にはたくさんのトラブルが
集中して起こります・・・

むくみ・冷え・外反母趾・O脚・X脚
タコ・魚の目・巻爪・ハンマートゥ・膝痛
などなど

これはどうしてなのでしょう?

あらためて、「足」の特徴を考えていきます。


①足は重力を一番受ける場所
特に、足の裏は全体重がのって硬いコンクリートに
押されている状態ですよね。

②全身を支配する場所
姿勢を作るとき、本来は下から上に作っていくものです。
土台があって、物がのり、一つの形ができます。
ビルと同じで土台をいい加減に作ると上が壊れやすくなるのです。
体の土台である足の影響が上半身にも伝わっていきます。
土台が不安定だと、腰痛が起きたり、骨盤がゆがんだりと
上半身まで病気になりやすいのです。

③足は人工的な道具を使う唯一のパーツ
人工的な道具、つまり「靴」ですね。
たとえば、メガネやコンタクトレンズは目が悪くなったら
検査をして目にあったものを使用しますよね。
でも、靴はどうでしょう?
この世に産まれて、間もなく、どこも悪くないのに
適当に買って履くものではないですか?

そこに問題があるのです!!!

もともと、人間の体は靴を履くようにはできていないのです。
裸足で生活ができるようにできているのですよ!

でも、この時代、道路は舗装されたコンクリート、裸足で
歩くわけにはいきませんよね・・・

問題なのは、 「適当に選んだ靴」を履いてしまうというところです。

スポーツをするのにも、自分にあった道具を選びます。
テニスのラケットを例にすると、
手首やひじに負担がかかりますよね。
その負担をいかに軽減させるか、
道具としてのラケットを慎重に選びませんか?

靴も足を守る道具です!でも、適当に選んで履いていることで、
守るべき靴が逆に、足に大きな負担をかけてしまっているのですね。

足にはかなりの負担が掛っているにも関わらず、
お顔などに比べると
あまり関心を持たれていないのが現状です。
足は植物の根の部分と一緒!
根が腐るとすべてにトラブルが起こってしまいます。



★記事を読んで、ちょっとためになった!と思ったらワンクリックお願いします★
 ↓ ↓ ↓ ↓
d0146310_10252088.gif



フットカウンセリングに興味のある方はこちらをクリックしてください


d0146310_9485721.jpgd0146310_1071437.jpg






足のむくみ」のために特別に考え出されたトリートメント、
それが「レッグアロマ」です


*足のむくみを何とかしたい
*ふくらはぎがだるい
*足が疲れる
*脚が重い
*足が太い
そんな症状でお悩みの方におすすめのマッサージです。

一度試してみたいと思われる方は、サロン「リセット」にお越しください

「足のむくみ」についても解りやすくご説明いたします。


★salon 「Reset」のホームページはこちらから★

☆「むくみ」でお悩みの方はこちらから☆


d0146310_8552996.jpg






ウィジェット
[PR]
by takakonoguchi | 2008-03-25 09:47
d0146310_916239.jpg皆さんはご自分の本当の足のサイズ
ご存知ですか?

私は自分の足のサイズ・・・
ずっと24cmだと思っていました。
でもこの仕事をはじめた時、
きちんと採寸すると、23.5cmだったのです・・・
考えてみると、いつもかかとがパカパカして歩きづらかった・・・
でも、趾先はギューっと圧迫されてきつく感じていました・・・

サロンに来られるお客様も、
「横幅が広いから少し大きめの靴がいいかなぁ~と思って」
とほとんどの方が0.5cm~1cm大きめの靴を購入される方が多いですね~

でもこれは 大きな間違い です!
サイズの合っていない靴は足に様々なトラブルを
招く原因になってしまうのです!


パンプスやヒールのある靴では、
かかとが高いために、
横幅(足囲)が少しでも大きいと、
足がつま先のほうに滑っていきます。
これを「前すべり」と言います。
皆さんも経験があるのでは?

前すべりは様々な足のトラブルの原因になります。

先の細い靴の場合、
趾や爪がギューっと圧迫されて、
巻爪や外反母趾、内反小趾、ハンマートゥ・・・
などの症状を起こしてしまいます。

また前にすべることで
かかとの部分に大きな隙間ができてしまいます。
この「パカパカ」、
とても歩きにくいですよね。

私も経験がありますが、靴が脱げないように
足をひきずるように歩いてしまうようになります。

これが足を疲れさせる原因になるのです。

足が疲れると、ふくらはぎに負担がかかり、筋肉がカチカチに硬くなって、
血流が悪くなる、そして「むくみ」が発生します。

また足のサイズも左右差があります。
大きい足に合わせて靴を買うと、
もう片方の靴がブカブカになって
これも歩きにくい・・・
歩きぐせがついてしまうのですね・・・

歩きぐせはO脚や外反母趾、膝痛・腰痛の原因に!

自分の足のサイズをきちんと把握して、
足にあった靴を履くことが
足を疲れさせない=つまり むくまない足 
になるためには不可欠になるのです!


★女性の足のお悩み解決サロン 「Reset」のホームページはこちらから


☆むくみでお悩みの方はこちらから☆

☆外反母趾でお悩みの方はこちらから☆

☆タコ・魚の目でお悩みの方はこちらから☆

☆ウォーキングセラピーに興味のある方はこちらから☆

★フットカウンセリングをご希望の方はこちらから★

足のむくみ」のために特別に考え出されたトリートメント、
それが「レッグアロマ」です


*足のむくみを何とかしたい
*ふくらはぎがだるい
*足が疲れる
*脚が重い
*足が太い
そんな症状でお悩みの方におすすめのマッサージです。

一度試してみたいと思われる方は、こちらをクリック
[PR]
by takakonoguchi | 2008-03-04 09:03 | 足のむくみと靴
足の親指の付け根が「くの字」に変形する外反母趾。
今、痛みがなくても、放っておくと徐々に進行し、
いずれは激痛を感じるようになります。

歩くと痛むので、足元が不安定になり、
歩くたびに膝や腰に負担がかかり、
からだ全体のゆがみを起こす可能性もあります。

また、不安定な歩き方で、歩くとすぐに疲れるようになり、
血流も悪くなり、老廃物が足に溜まっていき、
冷えやむくみにもつながります。


外反母趾はどうして起こるのでしょうか?

主な原因は、

*足そのものの形や強さ
*履いている靴
*歩き方の癖


特に、「ある一定の部分(親指の付け根)に、集中して負担をかけ続けている歩き方の癖」が大きな原因と考えられます。

そのように、足に不自然な体重の偏りを繰り返すうちに、
症状は徐々に進行し、自然に治る事はありません。
悪化すると最終的には病院での治療が必要になることもあります。

《外反母趾のケア方法》
・3点アーチを再生し、まず土台となる足を安手させる
・靴にインソールを入れて負担がかかっている部分を保護する
・歩き方のゆがみを矯正し、正しいフォームでレッスンする

・歩行を安定させるためにテーピングで母趾の曲がりを正しい形にする

・外反母趾の進行を止める歩行矯正パッドを使用する

・疲れて硬くなった足の筋肉を柔らかくする

「外反母趾」には自然療法フットケアで「足」「靴」「歩行」の問題を
リセットしましょう。


フットカウンセリングで足の状態をチェックしていきます。

フットカウンセリングに興味のある方はこちらをクリックしてください


d0146310_9485721.jpgd0146310_1071437.jpg






足のむくみ」のために特別に考え出されたトリートメント、
それが「レッグアロマ」です


*足のむくみを何とかしたい
*ふくらはぎがだるい
*足が疲れる
*脚が重い
*足が太い
そんな症状でお悩みの方におすすめのマッサージです。

一度試してみたいと思われる方は、サロン「リセット」にお越しください

「足のむくみ」についても解りやすくご説明いたします。


★salon 「Reset」のホームページはこちらから★


d0146310_20105114.jpg


d0146310_1055249.gifd0146310_10252088.gif
[PR]
by takakonoguchi | 2008-02-23 08:21 | 外反母趾の原因とケア法