足のむくみ解消法     足のむくみ何とかしたい ふくらはぎがだるい    ふくらはぎ痩せ        足が疲れる         足のむくみマッサージ     足を細くしたい       足が重い


by takakonoguchi
カレンダー

<   2008年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

d0146310_11353470.jpg
デパートで販売をしている私とA子ちゃん、
1日中立ちっぱなし。
同じ職場で同じ時間立ちっぱなしの二人なのに、
A子ちゃんは足がすらっと細くむくみなんて感じたことがない。

一方、私、夕方になるとパンパンに足がむくんでしまうのです。
これってどうしてですか~?

サロンのお客さまからの悲痛な叫びとも言える質問でした。

答えは簡単!

原因「ふくらはぎの筋肉」にあるのです!

血液が下から上に流れる静脈では、
足の筋肉がとても重要な働きをしています。

ふくらはぎの筋肉がほそ~い静脈を押したり離したりすることで、
静脈の中の血液を上にビューんと
押し上げる役割を果たしています。

牛の乳しぼりと一緒です。
牛の乳しぼりをする時に、お乳を手で力を入れたり話したりと
刺激を与えることでミルクが出てきますよね。

お乳を搾る「手」=ふくらはぎの筋肉
お乳=静脈(血管)
と考えると解りやすいでしょうか?

でも、ふくらはぎの筋肉が硬いと
しなやかな動きができず、
静脈を牛のお乳のように絞り上げることができません。

血液を上に押し上げることができないということです。

つまり、
A子ちゃんのふくらはぎの筋肉は
柔らかくしなやかに動くことで静脈を刺激して
上手に血液を上に押し上げている、「むくまない足」なのです。

でもむくみでお悩みのお客様の足は
「ふくらはぎが硬い」ので
上手に静脈を刺激することができません。
血液はいつまでたっても足に停滞したままなのですね・・・

そのお客様も最初にサロンに来られた時より、
だいぶふくらはぎが柔らかくなってきました。

サロンでマッサージを受けながら、日常生活でも
足を疲れさせないように気をつけているからです!

今、むくんでつらい思いをされている方も、
努力次第でむくみを解消することができます!

今の生活をリセットして「足」を大切にケアしてあげましょう!


★記事を読んで、ちょっとためになった!と思ったらワンクリックお願いします★
 ↓ ↓ ↓ ↓
d0146310_10252088.gif

硬くなったふくらはぎのマッサージには
レッグアロママッサージがおすすめです!

足のむくみのために特別に考え出されたトリートメント、
それが「レッグアロマ」です。
むくみの原因である「ふくらはぎの筋肉のコリ」を取り除くマッサージです。


*足のむくみを何とかしたい
*ふくらはぎがだるい
*ふくらはぎを細くしたい
*足が疲れる
*脚が重い
*足が太い
そんな症状でお悩みの方におすすめのマッサージです。

一度試してみたいと思われる方は、サロン「リセット」にお越しください

「足のむくみ」についても解りやすくご説明いたします。


★salon 「Reset」のホームページはこちらから★

☆「むくみ」でお悩みの方はこちらから☆





d0146310_1055249.gif





ウィジェット
[PR]
by takakonoguchi | 2008-02-29 22:11 | 足のむくみの原因

足のむくみと外反母趾

外反母趾のほとんどの人は

「足のむくみ」の問題を抱えています。

足の親指の付け根が「くの字」に変形する外反母趾。
今、痛みがなくても、放っておくと徐々に進行し、
いずれは激痛を感じるようになります。

足元が不安定になり、痛みをかばって歩くことで、
ふくらはぎに負担がかかってきます。

結果、足が疲れて、足の筋肉が硬くなります。

筋肉が硬くなることで、
血流が悪くなり、老廃物が足に溜まっていき、
むくみの症状が出てきます。

では、外反母趾はどうして起こるのでしょうか?
主な原因は、

足そのものの形や強さ・履いている靴・歩き方の癖。

特に、「ある一定の部分(親指の付け根)に、
集中して負担をかけ続けている歩き方のクセ
が大きな原因と考えられます。

そのように、足に不自然な体重の偏りを繰り返すうちに、
症状は徐々に進行し、自然に治る事はありません。

悪化すると最終的には病院での治療が必要になることもあります。

外反母趾の人は、足裏の親指付け根に負担をかけた歩き方をしている
ことが多いです。ですので、その付近にだいたい「タコ」があります。

外反母趾、タコ、足のむくみ・・・
ひとつの足のトラブルが別の足のトラブルを招いてしまうのです!

足のトラブルの悪循環をいますぐリセットしてください!

★記事を読んで、ちょっとためになった!と思ったらワンクリックお願いします★
 ↓ ↓ ↓ ↓
d0146310_10252088.gif



(自然療法による解決法)


*足裏の3点アーチを再生し、まず土台となる足を安手させる
*靴にインソールを入れて負担がかかっている部分を保護する
*歩き方のゆがみを矯正し、正しいフォームでレッスンする


「外反母趾」には自然療法フットケアで「足」「靴」「歩行」の問題を
リセットしましょう。


フットカウンセリングで足の状態をチェックしていきます。

フットカウンセリングに興味のある方はこちらをクリックしてください


d0146310_9485721.jpgd0146310_1071437.jpg






足のむくみ」のために特別に考え出されたトリートメント、
それが「レッグアロマ」です


*足のむくみを何とかしたい
*ふくらはぎがだるい
*足が疲れる
*脚が重い
*足が太い
そんな症状でお悩みの方におすすめのマッサージです。

一度試してみたいと思われる方は、サロン「リセット」にお越しください

「足のむくみ」についても解りやすくご説明いたします。


★salon 「Reset」のホームページはこちらから★





d0146310_1055249.gif





ウィジェット
[PR]
by takakonoguchi | 2008-02-28 14:20 | 足のむくみと外反母趾
d0146310_21261025.jpg
ふくらはぎをダイエットして
細くすっきりとした足になりたい・・・
でも、ふくらはぎはダイエットしても
なかなか痩せない場所ですよね・・・

ふくらはぎをダイエットしたいのなら、
ふくらはぎのむくみを解消するのが一番の近道です!

*ハイヒールやミュールを履くことが多い
*土ふまずがぺったんこ(扁平足)
*足の裏(指のつけ根部分)にタコがある(開張足)
*外反母趾である
*ウオノメができていて痛い

上記の項目に当てはまる方、

「歩くとすぐに疲れませんか?」
足の疲労は、

「ふくらはぎのむくみ」につながります!

不安定な靴、足裏のアーチの低下、歩き方のくせにより、

ふくらはぎに大きな負担がかかり、
ふくらはぎの筋肉を硬くしてしまうので、

血液を押し上げるポンプ機能がうまく働かなくなり、

汚い血(老廃物や余分な水分を含んだ血)
足に蓄積し「むくみの原因」となるのです。

「私のふくらはぎ硬くないのに・・・」

と思っている方も多いのでは?

表面がフニャフニャとしてやわらかくても、
その奥の筋肉はカチカチのはず!
表面の柔らかいお肉は

「筋肉が柔らかいのではなく
硬い筋肉の上に住み着いた脂肪なのですよ~」

私のサロンに来られるお客様はほとんど
「むくみ」に悩んで来られますが、

「初めて自分のふくらはぎが硬いことを知りました。」
とおっしゃる方がほとんどです。

まずは硬いふくらはぎをほぐすことが
ふくらはぎダイエットへの一歩です!

ふくらはぎのダイエットには「むくみ撃退」が近道です!


★記事を読んで、ちょっとためになった!と思ったらワンクリックお願いします★
 ↓ ↓ ↓ ↓
d0146310_10252088.gif

硬くなったふくらはぎのマッサージには
レッグアロママッサージがおすすめです!

足のむくみのために特別に考え出されたトリートメント、
それが「レッグアロマ」です。
むくみの原因である「ふくらはぎの筋肉のコリ」を取り除くマッサージです。


*足のむくみを何とかしたい
*ふくらはぎがだるい
*ふくらはぎを細くしたい
*足が疲れる
*脚が重い
*足が太い
そんな症状でお悩みの方におすすめのマッサージです。

一度試してみたいと思われる方は、サロン「リセット」にお越しください

「足のむくみ」についても解りやすくご説明いたします。


★salon 「Reset」のホームページはこちらから★

☆「むくみ」でお悩みの方はこちらから☆



d0146310_1055249.gif





ウィジェット
[PR]
by takakonoguchi | 2008-02-27 09:09 | ふくらはぎダイエット
一般にO脚とは脚の形がまっすぐではなく、
両膝の間にすき間ができてしまう状態を言います。

女性なら、スカートから出ている両足が真っ直ぐ伸びていて欲しい!
と思いますよね。

見た目の問題はもちろん大切ですが、
O脚になると足とからだの健康面でも大きな問題が生じます。

からだを支える足元が不安定になるのですから、
膝や腰の関節に余計な負担がかかり、
膝痛・腰痛になりやすく、血流も悪くなり
「冷え」や「むくみ」といった
様々なトラブルを招いてしまう原因にもなります。

O脚の原因は、

立ち方、座り方、足の組み方、など様々な日常習慣が積み重なったもの、
特に「不安定な歩き方のクセ」にあります。

*土台である足裏のアーチが低下していること(扁平足・開張足)!
*バランスのとりにくいミュールやハイヒールなどの靴!
*足の筋肉の疲れ!


などの理由から「歩き方が不安定」になります。 
特に「横ゆれ」しながら、
外側の筋肉や関節に過度の負担がかかる歩き方が特徴です。

その状態を続ける事で脚のカタチが「O」のカタチになってしまいます。
骨が曲がっているというより、関節・筋肉のところで
変形している事が多いのです。

(自然療法による解決法)

「不安定な歩き方」になる原因を改善
することが大切です。
歩き方のみを矯正するのではなく、
歩き方を不安定にする要素
「足」「靴」の問題も一緒に改善することが必要です。


★記事を読んで、ちょっとためになった!と思ったらワンクリックお願いします★
 ↓ ↓ ↓ ↓
d0146310_10252088.gif




リセットではフットカウンセリングで「歩き方のクセ」をチェックしていきます。

フットカウンセリングに興味のある方はこちらをクリックしてください


d0146310_9485721.jpgd0146310_1071437.jpg





★salon 「Reset」のホームページはこちらから★

☆「むくみ」でお悩みの方はこちらから☆



d0146310_20105114.jpg



d0146310_1055249.gif





ウィジェット
[PR]
by takakonoguchi | 2008-02-26 12:46 | O脚の原因とケア法
d0146310_112133.jpg
もうすぐ春ですね~
春が来たらブーツが履けなくなります・・・
スカートから「ふくらはぎ」が
モロにでることになりますね・・・

「ふくらはぎ」や「足首」が
太くて・・・


とお悩みの方も多いのでは?

「ふくらはぎ」は着痩せができない部分ですもんね・・・

上半身はダイエットでいくらでも細くできるのに、
ふくらはぎはダイエットしてもなかなか成功しない・・・

若いころから「ふくらはぎ」を細くするために
研究し続けた私が結論に至ったのは、

やはり

マッサージが一番効果的だということ!

そして、毎日することが大切!

足は毎日使う場所です。
重い上半身を支えて、かなりの重労働をしています。
負担がかかり、年がら年中「お疲れ」なのです。

「足の疲れ」は「足のむくみ」に
つながります。


「足のむくみ」は血液を下から上に押し上げる働きをしている場所・・・
でも、足が疲れて硬くなると
その機能もうまく働かなくなります。

結果、老廃物や余分な水分は足に居座って
毎日、蓄積されていきます・・・
それが「足のむくみ」=「水太り」の状態です。

そのまま何もしないで放置しておくと、
脂肪太りとなり最悪、「冷え」と結びついて
「セルライト」になってしまう・・・

ここまでいくと足を細くするのにかなりの時間を要します。

早い段階で対処した方が

夢の「ふくらはぎ痩せ」へは近道!

ふくらはぎのダイエット

とにかく、足が疲れたら「マッサージ」です。
「冷やさない」ことも大切!
「冷え」+「むくみ」=「セルライト」!ですから要注意です!!!

お風呂上がりに毎日毎日、がんばって働いてくれた「ふくらはぎ」を
マッサージしてあげましょう!

足首は両手でぞうきんをしぼるように「ギュッ、ギュッ」!
足首などの関節は血液が滞り安い場所です。
足首を回してつまったものを開放してあげることも大切です。
このとき、片方だけでなく両サイド均等に回してあげましょう!

階段などの端でつま先立ちをしてふくらはぎを伸ばすのも効果があります。
筋肉の収縮をさせて、血行をよくしてあげましょう!


あきらめないで地道にコツコツ努力することが大切ですね!
もちろん、適度な運動!

走ったり、エアロビクスなどの激しい運動はやり過ぎると
逆に足を疲れさせ、
ふくらはぎの筋肉を硬くしてしまいます。

ダイエットに効果的なのは、「ウォーキング」です!

ふくらはぎの筋肉をしっかり使うことで、血液を下から上に押し上げる
ポンプ作用が働きますので、

①柔軟性のあるやわらかい足(ふくらはぎ)で
 
②足を疲れさせない「靴」を履いて

③歩きクセのない正しいフォームでウォーキング!

これで夢の「美脚」をゲットしましょう!

★記事を読んで、ちょっとためになった!と思ったらワンクリックお願いします★
 ↓ ↓ ↓ ↓
d0146310_10252088.gif


足のむくみのために特別に考え出されたトリートメント、
それが「レッグアロマ」です。
むくみの原因である「ふくらはぎの筋肉のコリ」を取り除くマッサージです。


*足のむくみを何とかしたい
*ふくらはぎがだるい
*ふくらはぎを細くしたい
*足が疲れる
*脚が重い
*足が太い
そんな症状でお悩みの方におすすめのマッサージです。

一度試してみたいと思われる方は、サロン「リセット」にお越しください

「足のむくみ」についても解りやすくご説明いたします。

★salon 「Reset」のホームページはこちらから★

☆「むくみ」でお悩みの方はこちらから☆





d0146310_1055249.gif





ウィジェット
[PR]
by takakonoguchi | 2008-02-25 11:30 | ふくらはぎダイエット
女性はハイヒールやミュール、サンダルなどの
おしゃれ靴をはく影響から、足の血行を悪くして、
「むくみ」「冷え」といった症状を抱えている方が多いです。

そうするとまず「むくみによる水太り」になり

次に「むくみが皮下脂肪を育てて脂肪太り」になり

さらに「脂肪が結合したセルライトが発生」と進化します。

水太りの段階でケアができれば
比較的楽に足やせができますが、
脂肪太り・セルライトまで発展すると
ケアの手順が増えてしまいます。

だからといって、エステやリンパなどの対処療法に頼っていても
根本的な足やせにはなりません。


「むくみ」→「脂肪太り」→「セルライト」といった
悪夢のような進化は初期段階で対処するのがベストです。

1.「足の疲労蓄積」が原因で、足の筋肉が硬くなります。
  血流が悪くなり、「むくみ」が発生=「水太り」

2.水太り(むくみ)が皮下脂肪を育てて、「脂肪太り」に。

3.脂肪太りの状態で「冷え」が加わると「セルライト」ができていきます。

このように段階を踏んで悪くなっていきますから、
どの段階であっても焦らずに根本原因を
きちんととらえた自然療法のケアをしっかり施し、
足を機能的に回復・改善することから
足やせを目指すことが大切です。

(足やせの解決法)
「むくみ」で「水太り」の足
→硬くなっているふくらはぎの筋肉をほぐして、血流をよくすることが必要です。
足のむくみに働きかける専門のマッサージを受けることです。

《レッグアロマトリートメント》は、
リンパマッサージとは違って、むくみの根本原因を改善するマッサージです。
そのときに出ている「むくみ」の解消に即効性があるのはもちろん、
数回続けて受ける事で、「むくみ」そのものの発生が減少されるのが特徴です。



「脂肪太りになっている」足
→脂肪を燃焼させる必要があります。
そこで、上記のマッサージを続けることにプラスして、
有酸素運動である「ウォーキング」を加えます。
足の筋肉がたるむと、ももの筋肉は膝周りに、
ふくらはぎの筋肉は足首まわりに下がってきます。

《ウォーキング》は、
足のたるみを引き締めて、きれいなレッグラインにする効果があります。


「足」のリセット→硬くなったふくらはぎをほぐし血行をよくする
「靴」のリセット→足を疲れさせないための歩きやすい靴の調整
「歩行」のリセット→正しい歩行フォームで有酸素運動効果のあるウォーキング

「足やせ」でお悩みの方は自然療法フットケアで
「足」「靴」「歩行」の問題をリセットしましょう。

足のむくみ」のために特別に考え出されたトリートメント、
それが「レッグアロマ」です


*足のむくみを何とかしたい
*ふくらはぎがだるい
*足が疲れる
*脚が重い
*足が太い
そんな症状でお悩みの方におすすめのマッサージです。

一度試してみたいと思われる方は、サロン「リセット」にお越しください

「足のむくみ」についても解りやすくご説明いたします。


★salon 「Reset」のホームページはこちらから★


d0146310_20105114.jpg


d0146310_1055249.gifd0146310_10252088.gif
[PR]
by takakonoguchi | 2008-02-23 08:46 | 足やせ
足の親指の付け根が「くの字」に変形する外反母趾。
今、痛みがなくても、放っておくと徐々に進行し、
いずれは激痛を感じるようになります。

歩くと痛むので、足元が不安定になり、
歩くたびに膝や腰に負担がかかり、
からだ全体のゆがみを起こす可能性もあります。

また、不安定な歩き方で、歩くとすぐに疲れるようになり、
血流も悪くなり、老廃物が足に溜まっていき、
冷えやむくみにもつながります。


外反母趾はどうして起こるのでしょうか?

主な原因は、

*足そのものの形や強さ
*履いている靴
*歩き方の癖


特に、「ある一定の部分(親指の付け根)に、集中して負担をかけ続けている歩き方の癖」が大きな原因と考えられます。

そのように、足に不自然な体重の偏りを繰り返すうちに、
症状は徐々に進行し、自然に治る事はありません。
悪化すると最終的には病院での治療が必要になることもあります。

《外反母趾のケア方法》
・3点アーチを再生し、まず土台となる足を安手させる
・靴にインソールを入れて負担がかかっている部分を保護する
・歩き方のゆがみを矯正し、正しいフォームでレッスンする

・歩行を安定させるためにテーピングで母趾の曲がりを正しい形にする

・外反母趾の進行を止める歩行矯正パッドを使用する

・疲れて硬くなった足の筋肉を柔らかくする

「外反母趾」には自然療法フットケアで「足」「靴」「歩行」の問題を
リセットしましょう。


フットカウンセリングで足の状態をチェックしていきます。

フットカウンセリングに興味のある方はこちらをクリックしてください


d0146310_9485721.jpgd0146310_1071437.jpg






足のむくみ」のために特別に考え出されたトリートメント、
それが「レッグアロマ」です


*足のむくみを何とかしたい
*ふくらはぎがだるい
*足が疲れる
*脚が重い
*足が太い
そんな症状でお悩みの方におすすめのマッサージです。

一度試してみたいと思われる方は、サロン「リセット」にお越しください

「足のむくみ」についても解りやすくご説明いたします。


★salon 「Reset」のホームページはこちらから★


d0146310_20105114.jpg


d0146310_1055249.gifd0146310_10252088.gif
[PR]
by takakonoguchi | 2008-02-23 08:21 | 外反母趾の原因とケア法
*外反母趾
*タコ・ウオノメ
*ふくらはぎのむくみ
*足先の冷え
*O脚・X脚
*歩くとすぐに疲れてしまうなどの

「足のトラブル」「合う靴が見つからない」

大きな理由は、

「足の裏」の3つのアーチにあります。

3つのアーチについてはこちらをクリック

アーチの役割は主に、下記の2点です。

①バランスを取る ②衝撃を吸収する


アーチがなくなるとその大切な役割を果たすことができなくなり
様々な足のトラブルを引き起こします。


縦のアーチが崩れていることを「扁平足(へんぺいそく)」
横のアーチが崩れていることを「開張足(かいちょうそく)」といいますが、

扁平足の人は、歩くとすぐに疲れてしまい、「ふくらはぎのむくみ」の原因に。
また、足の裏にかかる衝撃をモロに受けてしまうことで、血行が悪くなり
「足先の冷え」を起こします。

開張足の人は、足の裏はとても不安定。
バランスをとることができず、「歩き方のクセ」がついてしまい、
「外反母趾」や「O脚」「膝痛」「腰痛」などを起こす原因になります。
そして、特定の部分に負担が集中してかかることで、
「タコ・ウオノメ」ができてしまいます。


また、アーチが崩れていると
どんなに靴屋さんでフィッティングしても、
自分の足にぴったりする靴には出会えません。

合わない靴を履いて、歩くことで、

足は疲れ、足の筋肉がかたくなり→冷え・むくみ→脂肪太り・セルライト
足は不安定で「歩きクセ」がつき→外反母趾やO脚、タコ・ウオノメ、膝痛・腰痛


このような悪循環に陥っていくのです。

みなさんの足の裏、アーチはちゃんとありますか?

アーチが崩れいていても、安心してください!

アーチは再生できます!

アーチを再生して、むくみのない健康な足にリセットましょう!

足の裏のアーチの状態は「フットプリント」でわかります。

リセットではフットカウンセリングで足の裏の状態をチェックしていきます。

フットカウンセリングに興味のある方はこちらをクリックしてください


d0146310_9485721.jpgd0146310_1071437.jpg






足のむくみ」のために特別に考え出されたトリートメント、
それが「レッグアロマ」です


*足のむくみを何とかしたい
*ふくらはぎがだるい
*足が疲れる
*脚が重い
*足が太い
そんな症状でお悩みの方におすすめのマッサージです。

一度試してみたいと思われる方は、サロン「リセット」にお越しください

「足のむくみ」についても解りやすくご説明いたします。


★salon 「Reset」のホームページはこちらから★


d0146310_20105114.jpg


d0146310_1055249.gifd0146310_10252088.gif
[PR]
by takakonoguchi | 2008-02-22 11:07 | 足のトラブルと足裏アーチ
家もサロンも銀座から近いので、時々、お休みの日にはお買い物や
マッサージ(今はタイ古式にはまってます・・・)銀座に出かけます。
もう3年近く続けているホットヨガスタジオも銀座にあります。

銀座は綺麗な女性がた~くさん歩いてますよね~
おしゃれな服を着て、おしゃれな靴を履いて・・・
まじまじと見てしまいます。

「あー、あの人が持ってるバッグ素敵!!!」
「あのコート、素敵だけどどこで買ったのかしら~」

などとバッグや服を観察しているわけではありません!

私がじーっと見ているのは、

女性の「歩き方」です。

これは青山のサロンで働いているときからの職業病ですね~


「内股歩き」

「外股歩き」

「ひざがガクガク曲がったまま歩く、ひざ下歩き」

「ぺたぺた歩き」

「蹴り歩き」などなど

悪い歩き方をしている人が本当に多いです。


また、歩くときの姿勢も

「猫背で歩いていたり」

「腰をが極端に反っていたり」

と腰に負担のかける歩き方だったり・・・。


歩き方には気がつかないうちにいろいろな悪い癖がついてしまうのです。

間違った歩き方を長年続けていると、

からだの特定の部分に負担をかけることになり、

「外反母趾」や「内反小趾」、「O脚」、「足太り」などの
足のトラブルの原因になるのです。

また、膝や腰を痛めることにもつながります。


「歩きクセ」がついてしまう大きな原因は、

「合わない靴」を履いているからです。
足にフィットしていないとそれをかばうために悪い歩き方になってしまいます。

私も経験があります。
若いころは、自分のサイズが24cmだと思っていました。
でも、この仕事を始めてから、実際に足長・足囲を測ると本当は23.5cmでした。

昔はサイズより大きいサイズの靴を履いていたので、
かかとの部分がいつもパカパカして脱げそうになります。
脱げないようにと無理な歩き方、ひきずった歩き方をしていたので、
歩くとすっごく疲れてふくらはぎがパンパンになってしまって・・

「外反母趾」の女性も多いと思いますが、
その原因も「歩きクセ」と「靴」にあります。
O脚やX脚の人も歩き方が大いに関係しています。

実は、私も外反母趾です。若いころに10cmくらいのヒールを履いていたので、
知らないうちに親指の関節が内側に曲がってしまいました。
今は、靴や歩き方に気をつけているので、進行は止まっていますが、
何もしない限り、「外反母趾」の症状はゆっくりと進行し続けてしまいます。
まだ痛みがないから・・・と放っておくのはよくないことです。

外反母趾で病院に行って治療しても、
もともと外反母趾の原因となった靴を履いて、
前と一緒の歩き方を続けていれば、
再び趾が変形してくるのは時間の問題です。

O脚も同じです。整体に行って、まっすぐにしてもらった脚も、
以前と同じ歩き方をしていれば、また脚はOの字に変形していくでしょう・・・

足のトラブルは何よりも、そうなってしまった「根本原因」を知ることです。
その場しのぎの対処法では、また同じ問題を抱えることになってしまいます。

そして、「原因」が解ったら、
その原因を取り除き、正しいケア方法をおこなっていくことが大切です。

削っても削っても、また同じ場所に現れる「タコ」も同じです。
「靴」や「歩き方」そして「足(足裏のアーチ)」が大きく関係しています。

足の裏のアーチの状態は「フットプリント」でわかります。

リセットではフットカウンセリングで足の裏の状態をチェックしていきます。

フットカウンセリングに興味のある方はこちらをクリックしてください


d0146310_9485721.jpgd0146310_1071437.jpg







足のむくみ」のために特別に考え出されたトリートメント、
それが「レッグアロマ」です


*足のむくみを何とかしたい
*ふくらはぎがだるい
*足が疲れる
*脚が重い
*足が太い
そんな症状でお悩みの方におすすめのマッサージです。

一度試してみたいと思われる方は、サロン「リセット」にお越しください

「足のむくみ」についても解りやすくご説明いたします。


★salon 「Reset」のホームページはこちらから★



d0146310_1055249.gifd0146310_10252088.gif
[PR]
by takakonoguchi | 2008-02-21 16:07 | 足のトラブルと歩き方
ご自分の足の裏ってあまりまじまじと見る機会はないかと思いますが、
重い体を支えてくれているのはまさに足の裏!
もう少し関心を持ってほしい場所なのですが・・・

足の裏って真っ平ではないのはわかると思います。
ところどころに「くぼみ」が存在しています。
このこの「くぼみ」をアーチと呼びます。
アーチは3つあります。

①親指の付け根からかかとにかけての縦のアーチ
  これは「土ふまず」と言われる場所です。

②小指の付け根からかかとにかけての縦のアーチ

③親指の付け根から小指の付け根にかけての横のアーチ

この3つのアーチが重い体を支える「大切な役割」をしているのです。
足の裏のアーチ

人が立って歩くときに
「バランス」を取るという役割

もともと、2本足で立つというのは、とっても難しいことです。
イスだってテーブルだって2本しか脚がなかったら
すぐに倒れてしまいますよね。
でも人間は2本の脚でちゃんと立ってます。
足の裏のアーチがバランスを取って、倒れないようにしているからなのです。

アーチには「バランス」を取るほかに、もうひとつ大切な役割を果たしています。

それは硬いコンクリートから受ける

衝撃を吸収する「クッション」の役割

人は立っているだけではありません。
歩いたり、走ったりしますよね。
その際に体重がズシンとかかりものすごい衝撃が加わります。

足のアーチがその衝撃を受け止めているのです。

縦のアーチ(土ふまず)がない足を「扁平足(へんぺいそく)」といいます。
横のアーチがない足を「開張足(かいちょうそく)」といいます。

アーチのない真っ平ら足だと

バランスがとれずに安定感が悪いことになりますよね。
そうすると、歩くときも不安定になり、歩くとすぐに疲れてしまいます。

「足が疲れる」→「ふくらはぎの筋肉が硬くなる」→「むくみが発生」
となるわけです。

また、真っ平らな足の裏では、ズシンと体重がのったときに
衝撃をモロに受けてしまい、
歩くたびに足は体の重みでグイグイ地面に押しつけられてしまうのです。
そうすると、足の血管も上からギューギューと押され、血行が悪化します。
ただでさえ足の指はからだの末端の部分で血行が悪くなりやすい場所です。
アーチが崩れて扁平足だと足の裏が押されて冷たくなってしまうのです。

つまり、足の裏のアーチがない扁平足・開張足だと

①不安定でバランスがとりずらく、歩くとすぐに疲れてしまうことで
  足の筋肉に負担をかけ、「むくみ」の発生を起こしてしまう。

②足の裏が真っ平らなので、衝撃がモロにかかり、血行を悪くし、
  「冷え」や「むくみ」を起こしてしまう。

ということになります。

あなたの足の裏は大丈夫ですか?アーチはありますか?冷えていませんか?

足の裏のアーチの状態は「フットプリント」でわかります。

リセットではフットカウンセリングで足の裏の状態をチェックしていきます。

フットカウンセリングに興味のある方はこちらをクリックしてください


d0146310_9485721.jpgd0146310_1071437.jpg







足のむくみ」のために特別に考え出されたトリートメント、
それが「レッグアロマ」です


*足のむくみを何とかしたい
*ふくらはぎがだるい
*足が疲れる
*脚が重い
*足が太い
そんな症状でお悩みの方におすすめのマッサージです。

一度試してみたいと思われる方は、サロン「リセット」にお越しください

「足のむくみ」についても解りやすくご説明いたします。


★salon 「Reset」のホームページはこちらから★


青山のサロンで多くのお客様の足をケアしてきた経験豊富なセラピストが貴女の足のお悩みを解決します。


d0146310_9532022.jpg


d0146310_1055249.gifd0146310_10252088.gif
[PR]
by takakonoguchi | 2008-02-21 09:26 | 足のむくみと扁平足